観光再興へ知恵絞る 特産品の通販強化 温泉旅館など

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に立つ県内の観光業関係者は、商いの盛り返しを目指して知恵を絞っている。温泉旅館は地域の産品の通信販売に力を入れ、土産物の卸売業者は行き場を失った在庫の品を特売してしのぐ。特措法に基づく緊急事態宣言の期間が延長され、不要不急の外出自粛要請が続く。関係者は解除に向けた県内外の動向を見極めながら「今は我慢の時。できる限りのことをしていきたい」と前を向いている。(続きを読む

時間を短縮しながら営業を継続するいいたて村の道の駅までい館(C)福島民報

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

ページ上部へ戻る