アルバイト激減大学生に最大20万円の給付

政府は19日の閣議で、新型コロナウイルス感染拡大に影響で経済的に困窮する学生に最大20万円を支給する支援策を決定した。
対象となるのは、アルバイト先で働くことができなくなり収入減少に伴い、学業の継続が難しくなった大学生や大学院生ら43万人。

政府が創設した「学生支援緊急給付金」は、大学生、大学院生に加え、短期大学生、高等専門学校生、日本語学校などにヵ用留学生も対象となる。支給にあたり、家庭から自立てバイト収入で学費を賄う学生のうち、収入が大幅に減少した学生に10万円。住民税非課税所得世帯の学生にさらに10万円の給付となる。

今後は、学生から申請を受けた学校側が減収状況などを審査し、日本学生支援機構(JASSO)に給付対象となる学生の名簿を提出し、JASSOから学生に対して給付金を支給する流れになる予定。

関連記事

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る