震災、原発事故 後世に

【福島民報ニュース】

福島県は5日、双葉町中野地区に整備したアーカイブ(記録庫)拠点施設「東日本大震災・原子力災害伝承館」を報道陣に公開した。

マルチスクリーンで上映されるプロローグ映像

20日の開館を前に、地震、津波、東京電力福島第一原発事故による複合災害の記録と記憶を、後世に継承する映像や展示物を披露した。

地上3階建てで、延べ床面積約5,300平方メートル。
展示は「災害の始まり」、「原発事故直後の対応」、「長期化する原子力災害の影響」など、時系列に沿って6つのエリアに分けてある。

この日は、県クリエイティブディレクター箭内道彦さんが監修したプロローグ(導入)映像を初公開した。アニメーションも交えた約四分間の動画で、原発事故の避難で車が渋滞する様子などを七面マルチスクリーンに映した。

ナレーションを務めた郡山市出身の俳優西田敏行さんは、なまりを交えた温かみのある語り口で、第一原発の稼働から現在までを振り返った。廃炉の完了を見届けられるのか-と不安も語った。

続きを読む

【「東日本大震災・原子力災害伝承館」について】

開館日:   2020年9月20日
開館時間: 9:00〜17:00
休館日:  火曜日
入館料:  大人600円、小人300円
URL:   https://www.fipo.or.jp/lore

【関連ニュース】

東日本大震災・原子力災害伝承館を公開 複合災害の現実切々と
開館は9月20日 震災資料展示や防災研究 双葉の県伝承館

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る