商品の名前に「ロボット」「ドローン」の文字 南相馬

【福島民報ニュース】

福島ロボットテストフィールドが今春、開所した南相馬市で1日、ロボットにちなんだユニークな取り組みが始まる。

ロボットを描いたカレー味のオムそば飯=美酒彩菜 響

地元の飲食店8店舗が、既に提供している商品の名前に「ロボット」や「ドローン」などの文字を付け加えて販売する。
斬新な企画で地域を盛り上げる。福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)が企画し、31日に概要を発表した。

8店舗のうち、市内原町区の「美酒彩菜 響」は、カレー味のオムそば飯を「ロボットライス」として提供する。卵焼きにケチャップでロボットを描き、工具の形のスプーンを添える。

今後、浪江町も含め小売店にも取り組みの輪を広げ、売り上げへの効果を年末にまとめる。将来的に新商品の開発に挑戦する。賛同した店舗は、福島ロボットテストフィールドの公式ロゴマークとエンブレムを営業目的で使える。

続きを読む

【関連ニュース】

「空飛ぶクルマ」有人飛行成功 福島ロボテス入居スカイドライブ
研究開発など連携協定結ぶ 福島高専と福島ロボテス

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る