一度きりの夏始まる 福島県高体代替大会

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため中止になった県高校体育大会(県高体)陸上競技の代替大会県南、会津両地区予選会が11日、郡山市のHRS開成山陸上競技場と会津若松市のあいづ陸上競技場で開幕した。県高体の代替大会の開催は初めて。感染対策を徹底する中で、選手が青春の汗を流している。

県高体陸上競技の代替大会が開幕。県大会出場を目指して県南地区予選会で力走する選手

 初日は県南、会津両地区とも男女の800メートルと400メートルリレー、男子5,000メートル、女子3,000メートルを実施した。

県南は女子の棒高跳びと三段跳び、会津は男女の棒高跳びとハンマー投げも繰り広げた。12日、18日、19日の各日も競技を継続する。
県陸上競技選手権大会地区予選を兼ねており中学生も参加している。
続きを読む

【関連ニュース】

無観客16競技で開催 いわき市中体連、21日から
高校野球代替大会1、2回戦日程決まる 球場、移動負担に配慮
高校野球代替大会組み合わせ決定 18日開幕、71チーム・81校出場
【速報】磐城高校を選抜高校野球代替試合に招待
高校競技の代替大会開催へ
福島県合唱8月29&30日 コンクールと音楽祭部門
福島県高体の代替大会ガイドライン公表 一般入場禁止など盛り込む
新型コロナ受け福島県高体の代替大会 体操・新体操も開催

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る