8月7日に木戸ダムスワン祭 ボート乗船体験 福島県楢葉町

 福島県の楢葉町商工会青年部員らでつくる「浜通り交流プロジェクト」は8月7日、町内の木戸ダムで「木戸ダムスワン祭」を開く。スワンボートの乗船体験やダム内部の見学会を通して、町の交流人口拡大や観光振興につなげる。

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生前の夏の恒例行事「木戸ダム祭り」を11年ぶりに復活させるとともに、木戸ダムの観光への活用を推進しようと企画した。

 スワンボート乗船体験には、猪苗代町商工会青年部などが協力。北塩原村の桧原湖で使われているボートを1日限定で木戸ダムに浮かべ、風景を楽しんでもらう。見学会ではダムの放水口などを間近で見ることができる。豪華賞品が当たる大声大会なども開く。

 代表の遠藤知行さんは「キッズプールや飲食ブースなど子どもたちが楽しめる催しを用意している。木戸ダムで夏の思い出を作ってほしい」と来場を呼び掛けている。

 時間は午前10時から午後3時まで。JR竜田駅東口や町総合グラウンドから会場までのシャトルバスを運行する。問い合わせは浜通り交流プロジェクトへ。

関連記事

ページ上部へ戻る