40代の男性死亡、74人感染 新型コロナ 福島県が2日発表

 福島県は新型コロナウイルス感染で県内の医療機関に入院していた40代男性の死亡と、74人の新型コロナ感染が確認されたと2日、発表した。40代男性は8月25日に死亡し、74人の陽性は1日までに判明した。県内の死者は累計166人、感染者は累計8857人となった。

 県によると、新型コロナ感染者の40代の死亡は県内で3人目。県は死亡した男性の症状、基礎疾患やワクチン接種の有無など詳細を公表していない。

 新規感染者74人のうち、15人の感染経路が分かっていない。1日時点の入院者は335人で、県が確保している病床637床に対する使用率は52・6%(前日比2・4ポイント増)だった。入院者のうち20人が重症となっている。

 県発表の74人の概要は次の通り。

 ▼いわき市・23人▼福島市・16人▼郡山市・13人▼会津若松市・4人▼白河市・1人▼須賀川市・1人▼相馬市・1人▼田村市・1人▼本宮市・1人▼天栄村・1人▼猪苗代町・1人▼会津坂下町・1人▼会津美里町・1人▼西郷村・1人▼中島村・1人▼矢吹町・1人▼鮫川村・1人▼広野町・1人▼浪江町・1人▼県外・3人

関連記事

ページ上部へ戻る