オリジナルポストカード29日から配布 東北電力ネットワーク福島支社 福島県内の道の駅で

 東北電力ネットワーク福島支社は29日から、東北電力グループの創立70周年記念で作成したオリジナルポストカードを福島県内の道の駅12カ所で限定配布する。6月に実施し好評だったため追加で企画した。

 常磐幹線(南相馬市)の鉄塔、棚倉変電所(棚倉町)、朝日を受ける原町火力線(南相馬市)、ライトアップされた無線鉄塔(福島市)など県内の送配電設備を撮影した10種類(10枚)を1セットにした。前回と比べ、配布する道の駅を3カ所増やし、配布セット数を2倍の100セットとする。

 支社内に設けた専門チームが「日常の風景と電力設備が織りなす幻想な姿」をテーマに撮影した。佐藤司さん(総務広報)は「送配電設備を知ってもらう機会になれば」と話し、丹治由佳利さん(同)とともにPRしている。

 配布する道の駅は次の通り。

 川俣、たまかわ、よつくら港、あいづ湯川会津坂下、羽鳥湖高原、安達、ひらた、ばんだい、からむし織の里しょうわ、ふくしま東和、そうま、しもごう

関連記事

ページ上部へ戻る