12町村で中止や延期、規模縮小も 夏期成人式

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内で夏期成人式を予定している17町村のうち、12町村が中止や延期を決めた。県外に就職や進学した新成人が多く、感染拡大の懸念を払拭(ふっしょく)できないというのが主な理由。予定通りの8月実施は5村だった。県教委が23日、発表した。

 県教委が1日現在でまとめた17町村の対応は下記の通り。唯一、中止を決めた会津坂下町は、今後の感染状況が見通せないため、8月実施は難しく、雪の多い1月は新成人の負担が大きいと判断した。来年夏の式典に一学年下の新成人と一緒に参加してもらう方法を含めて代替策を検討している。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る