道の駅めぐり

~ワンダーファーム~
福島観光2日目。いわき市四倉町にあるワンダーファームを訪れました。
こちらは全国でも珍しい、トマトに特化したテーマパークです。

トマトって、見た目も可愛く、美味しくて栄養価も高いですよね。
それに、どうしてもあの大きなトマトのオブジェが見たくて!
私たち三人はワクワクしながら訪問しました。

当日はあいにくの雨模様。
駐車場に車を停めると、早速ありました!!

身長165㎝の私よりもはるかに大きいトマト(オブジェ)が、どどーん!と鎮座しています。
どうやら高さ3メートルもあるらしいのです!!
これは抜群のフォトスポットですね。インスタ女子もお子様も喜ぶこと間違いなし。

広大なハウスでは、トマト狩り体験ができます。
土日祝日に開催されており、公式HPの予約専用サイトから予約が可能です。
(平日の開催情報については予約カレンダーで確認して下さい)
料金は一人900円。(税別)
ワンダーファームでは様々な種類のトマトを栽培しているので、初めて目にするトマトもあるかも?トマト好きにはたまらない、収穫体験。

レストラン「森のキッチン」はコロナウィルス感染拡大予防のため、一時休店中でした。
(2020年10月1日より当面の間。最新の状況は公式HPにてご確認下さい)

トマトオブジェの近くには、広いバーベキュースペースがあります。
屋根付きビニールハウスも設置されており、天候に関わらず一年中バーベキューが楽しめるのが魅力です。
3営業日前までに要予約。こちらも、HPの予約専用サイトから予約できます。
手ぶらバーベキューのプランもあって、飲食物の持ち込みも自由になりました。
友人や家族とわいわい楽しめそうです!

今回、一番じっくり見たのが直売所「森のマルシェ」。
新鮮なもぎたてのトマトやプレミアムなトマトジュースから、トマト関連の食品やグッズまで!福島の美味しいものがたくさん。とにかく楽しいラインナップです。

マルシェの入口を入るとすぐ、色とりどりのトマトが並んでいます。

ミニトマトって、こんなにたくさん種類があるんですね!知らなかった。
全部で9種類のミニトマトがありました。

緑色(みどりちゃん)や紫色(トスカーナバイオレット)のトマト、初めて食べました。
写真のように色々な種類のミニトマトがパックされているもの、また量り売りもあるので、好きな方を選んで購入できます。
トマトの種類ごとに、栄養素や予防できる生活習慣病についても記載がありました。
興味深いです。トマトパワーってすごい!

そして絶対飲みたかったオリジナルの「ワンダーレッド トマトジュース」も購入。
何を隠そう、トマトジュース大好きな私。
さっそく飲んでみると、味が濃いー!!青臭みがまったくない、トマトそのものの味です。
これならトマトジュース嫌いな人でも飲めちゃうのでは?
飲み切りサイズもあって、瓶もお洒落なのでお土産にぴったりです。

ノーマルでも十分美味しかったのですが、「ワンダーレッド トマトジュース プレミアム」もありました。
こちらは、糖度が高いトマトを使用しているとのこと。気になる方はぜひ、飲み比べてみてはいかがでしょうか。

トマト味噌、トマトドレッシングもありました。どれも美味しそう。
その他、グッズでは食べちゃいそうにリアルなミニトマトのマグネットやキーホルダーなどもあって、可愛すぎます。

ワンダーファームでは敷地内のいたるところにカラフルなペイントがしてあるのも、目に留まって素敵でした。
インスタ映えスポットがたくさん!
たくさんのトマト土産を買って、大満足のテーマパーク。
皆さんもドライブがてら、ぜひお越しください。

★住所 〒979-0215 福島県いわき市四倉町中島字広町1
★TEL 0246-85-5105
★定休日 2020年 毎週水曜日(祝日、年末年始は除く)
公式HP 

~道の駅めぐり~
浜通り地区で私たちが訪れた、道の駅をご紹介します。

○道の駅よつくら港

福島県内で19番目にできた、いわき市で唯一の道の駅。
海水浴場からも歩いてすぐの距離!夏場は海水浴客でにぎわいそうです。

1階には、いわき市の新鮮な農水産物や地元のお菓子などがずらりと並んでいます。
よつくら港オリジナルの日本酒も売っていました。

2階はフードコート。本格的なお寿司やラーメン店、焼きたてパンの食べられるカフェもあります。
テラス席もあって眺望が最高!わざわざ足を運んで行きたい道の駅です。

★住所 〒979‐0201 福島県いわき市四倉町五丁目218-1
★TEL 0246-32-8075
★営業時間 冬季(11から2月)
      1F 直売所 9:00~17:00
      2Fフードコート 10:00~17:00(オーダーストップ16:30)
      ※火曜定休
公式HP 

○浜の駅 松川浦
2020年10月25日グランドオープン!とっても広くて開放的な造り。
大きな看板には「相馬復興市民広場」と書かれています。

水産物コーナー、農産物コーナー、地域商品コーナー、フードコート「浜の台所くぁせっと」に分かれており、見どころ満載です。
天井が高く、明るい雰囲気の店内。
とにかく品数が多くて、品揃えが良いので見ていて飽きません。
ここに来れば福島の美味しいもの、何でも買えますよ!

★住所 〒976-0022 福島県相馬市尾浜追川196
★TEL 0244-32-1585
★営業時間 9:00~18:00
公式HP 

 ※YouTubeチャンネルも開設されています!ぜひご覧ください。

○道の駅そうま(未来本陣SOMA)

事前にリサーチしていた、青のりソフトクリーム(350円)を目当てに訪問。
相馬特産、青のりを使用したソフトクリームです。
どんな味がするのか、想像できない・・・!

お店の方に「美味しいですか?」と聞くと、「青のりの香りがするよ」とはにかみながら教えてくれました。
実物の写真がこちら。

まず色がきれいなグリーン!青のりの色です。
では、さっそく食べてみましょう。

バニラの甘みと風味もしっかりしていて、ざらっとしたジェラート風の口当たりのクリーム。奥までずっしり入っています。コーンはワッフルコーンで、食べ応えも十分です。
香りも味も間違いなく青のりですが、クリームと不思議にマッチしていて、美味しく頂きました!

他には「青のりコロッケ」や「ほっきコロッケ」も売られていて、そそられます。
お酒のコーナーには「松川浦産 青のり本格焼酎」「焼きのり 本格焼酎」も並んでいました。
磯の香りの焼酎なんて美味しそうですね。

物産館の隣には道路情報館があり、「震災伝承コーナー」が設けられています。
東日本大震災で損傷した標識などの展示もあり、改めて決して忘れてはいけない津波被害の大きさを伝えていました。

 ※2020年11月3日現在、トイレ改装中。仮設トイレとなっています。

★住所 〒979-2522 福島県相馬市日下石字金谷74-1
★TEL 0244-37-3938
★営業時間 9:30~18:00
公式HP 

○道の駅ならは

2001年6月、福島県7番目の道の駅としてオープン。
その後、東日本大震災により休業していましたが、2019年4月25日に営業再開!

震災を乗り越えて生きる、奇跡の金魚「らんちゅう」がいます。
元気に泳ぐらんちゅうの姿を見て、私も生きるパワーを貰えました。

展示スペースも広々として開放的!
フードコートには和室もあり、畳のお座敷でゆっくりとくつろげます。
2Fには温泉施設も併設していて、とても魅力的な道の駅でした。

★住所 〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町山田岡大堤入22-1
★TEL 0240-26-1126
★営業時間 1F フードコート 11:00~20:00(最終受付19:30)
      2F 温泉 10:00~21:00(最終受付20:30)
      物産館 9:00~18:00
公式HP 

いかがでしたか?
浜通りの道の駅、皆さんもぜひ巡って違いを堪能してみてください。

さやか

投稿者プロフィール

新潟県上越市出身。元・転勤族。
現在は京都市在住です。

趣味はお酒、食べ歩き、ぶらり街歩き。大学時代に友人と放浪したインド旅行が忘れられません。

じっとしていられない性格。
子育てしながら面白い日常をいつも模索しています。

関連記事

ページ上部へ戻る